東京湾の釣りについて

東京湾は東京都内に住んでいる方にとっては通いやすく、手軽に釣りを楽しめるスポットでしょう。
東京湾の釣りのスポットとしては、東京湾に面している神奈川県、東京都から千葉にかけていくつかあります。
例えば、大井ふ頭中央海浜公園、お台場海浜公園、若洲海浜公園 東防波堤・若洲キャンプ場・サイクリングロード、大黒海づり公園、本牧海づり施設、いそご海づり施設、浮島町公園・浮島つり公園、猿島、海辺つり公園、等いくつもスポットがあります。

お台場海浜公園でも釣りができることを知っている方は少ないのではないでしょうか。
勿論、お台場海浜公園全ての場所で釣りが出来るわけではなく、釣りが出来るエリアが限られています。
例えば海上バス乗り場を過ぎて、アクアシティお台場やホテル日航東京から直線距離で着く海岸あたりは釣りが出来るようです。

特に金額がかかるものではなく、無料で釣りを楽しむことができます。
通年楽しむことが出来ますので、気軽にルアーを持って楽しむのはいかがでしょうか。

釣れる主な魚としては、マハゼ、セイゴ、スズキの若魚(フッコ)等が海沿いにいます。
ただ、海沿いは水質があまり良いといえませんので、食用として釣りをするというよりも、純粋に釣りを楽しむという意味で、キャッチアンドリリースが良いでしょう。
お台場海浜公園は潮干狩りなども楽しめるスポットですので、釣りをしながら潮干狩りを家族で楽しむというのも良いでしょう。

競馬が好きな方はお馴染みの大井競馬場に隣接する大井ふ頭中央海浜公園も釣りが出来ます。
公園は水域を取り込んでいるので、干潟では貝が観察でき、水鳥も多数観察できます。
駐車場も有るため、車で行くのもよいでしょう。

釣れる魚として狙い目はハゼ、つり場には石がゴロゴロ転がっており、ハゼが住みやすい環境になっています。
ハゼは食用にもなります。しかも美味しい。
東京湾の魚は汚染物質を蓄積していることもあり、時に石油臭かったり、障害があるような魚を釣ってしまうこともありますので、そういった魚は食用にはなりません。
基本的には有害物質は蓄積されていくものなので、まず内蔵は取り除いてから食べることが望まれます。
ただ、ハゼは東京湾で釣ったものも何故か美味しいと評判です。
ハゼ釣りは難しくもありますが、ハゼは汚れた水域でも美味しく食べられる魚と言われていますので、一度挑戦してみるのはいかがでしょうか。

東京湾の釣りは一度始めると病みつきになります。
いろんなスポットをめぐり、様々な魚を釣りましょう。

夜はクリアーのサングラスがオススメです。 目安としては、春・秋も冬の上着がいいと思います。 その年一番の大物を釣った方には豪華賞品も!? 是非大物目指して一緒に釣りをしましょう! 埼玉県蕨市の蕨駅近くに当社直営のルアーショップがあります。道具から揃えたいかたは是非お越しください! 電車でお越しいただく方は駅まで送迎いたしますので、ご予約時にお申し付けください! 東京湾のシーバスガイドサービス・釣日和