使用する地域に合わせた自転車

自転車は様々にある乗り物の中でも最も手軽で簡単に扱うことができる移動手段の一つです。
種類は豊富にあり、生活に合わせた用途で適した自転車が変わってきます。

シティーサイクルは一般的に取り扱いされている種類であり、日常生活の中では最も適しています。荷物を積み込めるようにカゴと後部座席が設けられているために汎用性が高く、日本にあるほとんどのタイプはシティーサイクルになっています。
値段は手ごろでホームセンターなどでも販売されているために簡単に購入することも可能です。

近年、大きく需要を伸ばしてきた折り畳み式は、コンパクトサイズまで畳み込むことが可能になっているために駐輪場がない場所や車と併用した移動などにも適しています。シティーサイクルと比較するとスピードは出ないために日常生活の中でもゆっくりとサイクリングを楽しみたいという人向けです。
値段はシティーサイクルと比較すると高めであり、メンテナンスも若干複雑になっているためにデザインが好きな人や趣味で乗るという人が多くなっています。

スピード重視の自転車を選ぶ場合には、ロードレーサータイプなどが販売されています。ロードレーサータイプはハンドルよりもサドルが高くなっているために足にかかる負担は軽減され、道路の環境によりギアをチェンジすることでスピードを落とすことなく走行ができます。
但し、舗装されていない道や山道では乗ることができないために道路に限定されています。
値段は新品であれば数十万以上で販売されているために一般的な使用には向いていないタイプです。

オフロードでも容易に走行することができるマウンテンバイクは、車体が太くなっておりタイヤは従来のシティーサイクルよりも大きい造りになっています。スリップ防止のためにスパイクタイヤが採用されているため、路面が濡れていても横滑りしてしまう危険性が少なくなっています。
マウンテンバイクは子供用から大人用まで幅広く製品化されており、乗りやすさから人気が高いタイプとなっています。耐久性の高さから、重量が上がってまうために坂道などではギアを変速しなければ走行しにくくなります。
値段はロードレーサータイプよりは手ごろですが、総合的な機能性が高いために一般的なシティーサイクルよりは若干高めに設定されています。

どのタイプにおいてもメリットとデメリットがそれぞれ存在しているために購入者には日常の環境に合わせて選ぶ必要性があります。